読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷える三連複

競馬について試行錯誤する、競馬歴やっと1年の若輩者です。競馬中心に書いていきます。

第16回JBCクラシック予想

スプリントに続いて人気上位6頭に。しかもすべて中央勢。なかなか気は進まないが(、そして外れた時にこれほど恥ずかしいことはない)、予想を立てよう。

まず、6サウンドトゥルー、7コパノリッキー、8ホッコータルマエ、9アウォーディ、11クリソライト、13ノンコノユメの6頭に絞る。おそらく全体の(そして恐らく収支マイナス側の)9割が選ぶであろう6頭。11は微妙だが。

◉9アウォーディ
競馬にロマンを求めると勝てない。がしかしそれも良し。ファンなのだから。とはいえ長く続けるために馬券は当てたい。そのための三連複なんだ!
アウォーディはダート転向してから5連勝。重賞4連勝していざJBCクラシックに挑む。これで負けるストーリーを誰が書く?現実は平気で書くんだよなー。。笑
しかし、鞍上を見よ。JBCクラシック7勝を挙げている武豊だぞ。お手馬コパノリッキーではなくアウォーディを選んだ。今年絶好調のコパノを捨てるかね。それほどの勝算があるに違いねぇっ!

○7コパノリッキー
とはいえこの馬が馬券から外れるとも思えない。去年の東京大賞典では、この目で4着に沈むコパノと武豊を見たが、今年かしわ記念以降の3戦が圧巻の内容。馬券的には地方勢の先行馬が邪魔してくれることを期待している。。

ホッコータルマエ
7歳。今年4戦して1勝。3回連対からも外れている。がしかし、今年の1勝が川崎2100。川崎2100は3戦3勝。これほど顕著にコース実績のある馬はそうそう見捨てられない。調教タイムも良し。ひと叩きして調子も上げてくるだろう。

△6サウンドトゥルー、11クリソライト、13ノンコノユメ
6は東京大賞典馬。勝つところを目撃した印象が強い。7コパノリッキーが沈む展開になれば、一気に先行馬を交わし切るかもしれない。11は力関係でやや劣る印象も、韓国遠征の圧勝から何かきっかけを掴んでいたら怖い存在。13ノンコノユメは騸馬になっていたことに驚いた。去勢してから初出走なのと、差し馬が川崎でどこまで行けるかという不安要素
割引。実績からは間違いなく勝ちまでありえる存在。


◉9、○7のどちらかで勝ち馬は決まりと思っていると、競馬は笑いながら痛い目に合わせてくれる。確かに11クリソライト以外、どれが勝ってもおかしくない実績を持ち合わせている。怖いよー。